市原市の市民葬儀制度

市原市の市民葬儀制度

main-img

家族や親族が亡くなった場合の葬儀には、市原市内であれば通常は百万円台やさらに多くの費用がかかります。

そのため参列者から寄せられる香典や国民健康保険からの葬祭費給付金などが貴重な財源になりますが、それでもトータルとしての費用をまかないきれない場合には、喪主が自己負担となってしまいます。

市原で葬儀情報サイトを使用する機会が増えています。

なかには経済的に余裕がないため、葬儀のプランを検討するどころか、葬儀を執り行うこと自体が難しいという家庭も存在します。

こうした場合に対処するため、千葉県市原市では市民葬儀制度を設けています。
この制度は行政が市原市内にある葬祭業者の協力を得て整備したしくみで、自宅で行う場合と民間の葬祭ホールを利用する場合のいずれかを選択する必要があります。

この両者のなかにも祭壇の豪華さにより枝分かれしたプランがあり、それぞれ料金は異なります。


ただしいずれの場合でも料金がトータルでは20万円内外におさまる程度に調整されていますので、一般的なプランに比べるとかなり安価になっていることがわかります。



基本的な内容には御棺、棺掛け、焼香具一式、後飾り祭壇、使用距離10キロメートルまでの霊柩車の使用料などが含まれています。



そのため低廉な価格水準でも葬儀をひととおり執り行うことが可能ですが、地域や会社などからも多くの人数を呼ぶのには適していないことから、家族や親戚などの身内が集まる小規模なものを想定するのが妥当です。

ほかに通夜の際の飲食や会葬礼状、香典返しの代金などは含まれていませんので、これらを調達する場合は別途葬祭業者に見積もりをしてもらいます。

葬儀の関連情報

subpage01

市原市は県庁所在地の千葉市にも隣接していることから、南部の山側のほうまでニュータウンの建設が進んでいますが、いっぽうでは豊かな自然もまだ残されているエリアです。この市原市で葬儀をしようとする場合には、式場と日取りを選ぶことが先決となります。...

more

葬儀の情報分析

subpage02

葬儀を民間の葬儀社に対して依頼する場合には、いくつかあるプランのなかからの選択になるのが普通ですが、プランを選択する上でのメルクマールとしては、当日の参列者数と予算の程度が挙げられます。なかでも遺族にとって重要なのは予算のほうですが、基本的には参列者に比例して多くなる傾向もあって、実際には参列者数と予算は切り離せないものといえます。...

more

葬儀について情報

subpage03

大切な故人を送るための葬儀は重要なものであり、どの葬儀場に依頼をするのかによって大きな影響力があるといっても過言ではありません。市原市で人気を獲得している葬儀場は、故人と遺族の両方の気持ちに寄り添ったものを提案してくれることが人気の大きな理由となっています。...

more

葬儀のサポート情報

subpage04

葬儀をするにあたっては、その地域にある葬儀社に一式の料金の見積もりをしてもらった上で、適切なプランを決めて依頼をするのが一般的なありかたです。市原市の場合も市内にいくつか葬儀社がありますので、こうしたところに問い合わせをすればよく、通常は24時間いつでもスタッフが電話口に出られるようにしています。...

more