市原での葬儀と葬祭ホール - 市原市の市民葬儀制度

市原での葬儀と葬祭ホール

subpage01

市原市は県庁所在地の千葉市にも隣接していることから、南部の山側のほうまでニュータウンの建設が進んでいますが、いっぽうでは豊かな自然もまだ残されているエリアです。

この市原市で葬儀をしようとする場合には、式場と日取りを選ぶことが先決となります。

市原で葬儀情報をお教えします。

この場合、一般には民間資本の葬祭ホールなどを貸し切って利用するケースが多くなっています。



市原市内にもこうした民間の葬祭ホールはいくつかあり、道路沿いや駅の近くなど、遠方から訃報を聞きつけて葬儀に訪れる人にとっても、簡単にアクセスすることができるような場所にあるのが特徴です。


逆に市原市にも火葬場はありますが、公営の施設ではかなり市街地から外れた場所となってしまいますので、それとの比較においてもやはり葬祭ホールの利便性は際立っています。

このような葬祭ホールには、葬儀を執り行う上で必要なものはほとんど準備されています。



たとえば宗派に応じた祭壇や供花、それを安置するとともに葬儀の場となる式場はもちろんですが、ほかにも香典を受け取る受付、出棺時に霊柩車が出入りする車寄せ、遺族や僧侶のための控室、葬儀までの期間に遺体を安置しておく霊安室などがあります。
これらに加えて、市原市では通夜振る舞いといって、通夜の際に訪れた人たちに遺族が飲食を供することがありますので、そのような場として利用できるようにするため、やや広めの和室、あるいはテーブル席なども準備されています。