市原市内での葬儀と直葬について

subpage01

葬儀を民間の葬儀社に対して依頼する場合には、いくつかあるプランのなかからの選択になるのが普通ですが、プランを選択する上でのメルクマールとしては、当日の参列者数と予算の程度が挙げられます。

なかでも遺族にとって重要なのは予算のほうですが、基本的には参列者に比例して多くなる傾向もあって、実際には参列者数と予算は切り離せないものといえます。

市原で葬儀についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

市原市で葬儀をするにあたって、経済的に困難があり、予算が足りないという場合には、思い切って直葬のプランを選択することも考えられます。

直葬というのは通夜や告別式などの儀式の部分はほとんど行わず、もっぱら火葬だけで済ませる簡素なプランのことをいいます。市原市の斎場使用料は別途かかりますが、そのほかはプランの料金でまかなえますので、かなり経済的な負担感を減らすことができます。



直葬の場合は枕飾りの祭壇や仮位牌、御棺、骨壷、装束、仏具などは準備されますが、そのほかはありませんので、最低限と考えたほうがよいといえます。


場合によっては直葬であっても菩提寺の僧侶を派遣してもらって、火葬の前に簡単に読経を上げてもらうこともあります。

参列者としても基本は家族のみ、加えるとしても親戚程度です。

もしも市原市から生活保護を受けている世帯で直葬を希望する場合には、あらかじめ市の福祉事務所に相談をしておくと、葬祭費が支給されるはずですので、その枠内で料金をまかなうことも可能となっています。