市原市の家族葬での葬儀

subpage01

葬儀をするにあたっては、その地域にある葬儀社に一式の料金の見積もりをしてもらった上で、適切なプランを決めて依頼をするのが一般的なありかたです。

市原市の場合も市内にいくつか葬儀社がありますので、こうしたところに問い合わせをすればよく、通常は24時間いつでもスタッフが電話口に出られるようにしています。

有名な市原で葬儀に関連した書きかけ項目です。

もっとも市原市内での一般的な葬儀の場合、一式の料金としては200万円内外にはなってしまうことがほとんどで、経済的に厳しい家庭も存在するのは事実です。
そこで亡くなった人を弔うという趣旨をそこなわず、なおかつ低廉な価格でも可能なプランとして、家族葬のようなものが挙げられます。



家族葬は市原市内でも比較的新しいプランといえますが、家族だけが中心になって参列をする小規模葬の一種で、場合により親戚や親しい友人などが参列することもあります。
通夜や告別式はこれまでどおり内容に含まれていますし、菩提寺から僧侶に来てもらったり、参列者が順番で霊前での焼香をするところなども同じといえます。



ただし式場は従来の半分程度の広さということが多く、祭壇も簡素化されていることがあります。


受付も通常は置きませんので、香典がある場合は喪主に直接渡すことになります。


家族葬の場合は定型的なスタイルがまだ確立しておらず、比較的喪主やその他の家族が自由に内容を決められる柔軟さもありますので、それぞれの式場ごとに特別な工夫がされていることもあります。